はげ治療の副作用を包み隠さず教えます

AGA治療で起こる副作用は何で起こるの?

AGA治療において起こる副作用のほとんどは内服薬であるプロペシアによって起こります。
プロペシアはもともと前立腺肥大の治療薬でしたが服用する人患者から発毛効果が得られたという報告が寄せられ、
本格的にAGA治療薬としての開発が進められたのです。
プロペシアは5α還元酵素の働きを抑制して脱毛を促したり、毛周期を乱すジヒドテストステロン(DTH)の生成を阻害します。
しかし、体内において必要であると判断され、変換されて生成されるはずであった男性ホルモン(DTH)が生成されなくなるので副作用が出てしまうのです。

体の女性化

プロペシアの副作用として稀に報告されるのが体の女性化です。
プロペシアを服用し続けることで乳房が膨らんだり、身体が丸みを帯びたなどという症状が現れることがあるのです。
プロペシアを服用する事で生成されるはずの男性ホルモンが生成されず、
何らかの影響で女性ホルモンが体内で優位になると女性化の症状が現れると考えられます。

例えば性同一性障害の方の治療でも女性ホルモンの注射を行いますが、それで体の丸みができたり声が高くなったりなどという変化が現れます。
プロペシアを服用する事でこれと同じような状態に体がなっているのです。

それに伴い、ED(勃起障害)や性欲の減退といった副作用や子供ができにくくなるというケースも報告されてます。
しかしながらこれらの現象は全くそのメカニズムが解明されていません。
ただ、そういった報告がなされている以上、夫婦間で子供を作ろうと考えているならば
健康な赤ちゃんが生まれてくるためにもプロペシアの服用はしばらく控えた方が賢明でしょう。

肝機能障害

プロペシアで引き起こされる重大な副作用に肝機能障害があります。
服用する全員にその症状が出るわけではなく、メカニズムはわかっていません。
しかし、海外も含めて重篤な肝機能障害の報告が10数例あります。
肝臓は状態が悪くなっても働き続けてしまうため本当に状態が悪化してからでないとその状態に気づくことができません。
肝臓が沈黙の臓器と呼ばれるのはそのためです。
とても頑張りすぎてしまう臓器なのです。

プロペシアは世界中で服用されていますのでその中で10例程度と考えれば割合は非常に低いものですが、
肝臓に負荷がかかっていることは間違いないのです。
そのためプロペシアを処方する際には医師は肝機能につい問診を行うはずですし、
血液検査での確認も行っているのです。

肥満や体重増加

プロペシアを飲むと身体が女性化してしまうことは最初に述べたとおりですがそれに伴い体重の増加や体脂肪の増加も指摘されています。
男性ホルモンは筋肉の発達を促し、男性らしい身体をつくっています。
その男性ホルモンの生成が阻害されるため、筋肉がつきにくくなります。
プロペシアを飲み始めてから1カ月で3キロ増加したという話や、体脂肪が5%以上も増加したという報告もあります。

筋肉の方がエネルギー消費量が多いので、筋肉が多ければ多いほどよい太りにくい身体になりますが
女体化してしまうとエネルギーを使い切ることができず、消費されなかったエネルギーは脂肪として体にまとわりついてしまいます。
肥満は発毛の大敵です。肥満となり血行が悪くなることでさらに脱毛が加速してしまうかもしれません。
プロペシアを服用している間は食事にも気を配らなければならないのです。
このようにプロペシアには様々な副作用が報告され、これらはほんの1部です。
プロペシアによってホルモンを操作する以上、それまで以上に食生活や生活主観に気を付けて過ごさなければならないのです。